HOME>コンテンツ>意外に大変な遺品整理【業者のサポートが必須】

意外に大変な遺品整理【業者のサポートが必須】

ダンボール

遺品整理業者のサービス内容と依頼する利点

大切な人が亡くなると、住んでいた部屋にて在りし日のことを偲びたいと考えるかもしれません。しかし現実にはすぐに退去を求められることも多く、室内を早期に片付ける必要があります。こうした亡くなった人の持ち物整理を手伝ってくれるのが京都にある遺品整理業者です。京都府内の片付けに対応するのはもちろん、業者によっては周辺地域でも来てくれます。主なサービス内容としては、遺品を貴重品とそうでない物とに分ける作業があります。価値のある物については買い取りを行い、不要な物は処分までしてくれるので便利です。亡くなった人が持っているであろう権利書などの探索も行ってくれますから、自分で探す手間も省けます。室内にある物の数が多ければ多いほど、片付けの作業は困難を極めます。業者にお願いすれば楽になるだけでなく、確実に作業してくれるのは利点と言えるでしょう。

花

費用相場について

依頼する部屋の大きさや遺品の数によって、京都の遺品整理業者の利用料金は変わってきます。広い部屋や大量に遺品が残されていると、片付けに時間がかかるため料金も比例して高くなるのが一般的です。賃貸物件に一人で暮らしていたというような場合、間取りが1K程度であると想定すると3万から4万円が費用の相場となっています。一方でキッチンの他に部屋が4室ほどある4LDKの住まいになると、20万円前後が相場です。これは作業にかかる時間が長くなるだけでなく、スタッフの数を増やす必要があるためこのように料金も高くなります。さらにオプションとして、特殊清掃を要するときは料金が加算されます。汚物や汚れた布団、室内に発生した害虫の駆除、染み付いてしまった臭いの除去など、それぞれ状況に応じて数万円かかるので依頼前に確認しておくと良いでしょう。