気持ちの整理にもなる遺品整理

故人が生前使用していたものを目にすると、思い出が蘇ってしまい、なかなか立ち直ることができません。故人を失った悲しみから抜け出せないという人は、思い切って遺品整理を行いましょう。遺品整理は荷物の整理もできますが、何よりも心の整理に役立ちます。

遺品整理と生前整理の違い

故人の残した品を処分する・遺品整理

亡くなった人が残した品を整理することを、遺品整理といいます。不用品を処分したり思い入れのあるものは残しておいたりと、本人ではなく遺族の判断によって遺品を整理することを指します。専門の業者に依頼すれば、不用品を買い取ってもらうことも可能です。

本人の意思で処分できる・生前整理

死後や老後のことを考えて、体が元気なうちに不要な品を処分することを生前整理といいます。遺品整理との大きな違いは、本人自ら持ち物を整理するという点です。家族に遺品整理の負担をかけずに済むという点から、近年注目を集めています。

落ち着いてからでも大丈夫

遺品整理に決められた期限はありません。家族や大切な人がなくなったからといって、無理に遺品を処分する必要はないので、タイミングを見計らって行いましょう。慌てて遺品を処分してしまうと後々後悔につながるので、心を落ち着かせてから行うことが大切です。

遺品整理業者が行っている便利なサービスベスト3

作業員
no.1

重要書類や貴重品の探索

遺品整理業者が行っているサービスは、遺品の仕分けや処分だけではありません。遺品をひとつひとつ丁寧にチェックして、貴重品や需要書類を発見した場合には、依頼主に報告してもらえます。大事なアクセサリーや権利書が見つからないという時には、遺品整理業者に探索を依頼するといいでしょう。

no.2

大切な遺品の梱包作業

遺品の中には、長く取っておきたい品もあります。遺品整理業者に相談すれば、丁寧な手付きで最適な方法で品物を梱包してくれるので、保存しておきたい品を見つけたら業者に梱包を依頼しましょう。梱包材も用意してくれるので、依頼主が手間をかける必要はありません。

no.3

室内の汚れや臭いも取り除ける特殊清掃

近年はお年寄りの単身世帯が増えているため、孤独死が増加しています。発見が遅れて部屋が汚れてしまったり、臭いが残ってしまったりした場合には、オプションで特殊清掃を行っている業者に依頼しましょう。特殊清掃の専門業者も存在しますが、遺品整理業者にオプションで依頼すればいくらか費用を節約できます。

プロに依頼することでスムーズ!遺品整理業者の活用術

部屋

依頼する業者の選び方

遺品整理は、引越しや不用品処分とは異なります。故人の残した思い入れのある品を、業者の手に委ねるのです。そのため、業者を選ぶ際には、料金やサービスよりもスタッフの態度に注目しましょう。遺品をぞんざいに扱われれば腹が立ちますが、破損でも出されては取り返しの付かないことになってしまいます。いきなり専門の業者に依頼するのではなく、まずはいくつかの業者に見積もりを依頼して、スタッフの対応をチェックしましょう。親身になって相談に乗ってくれるような、情のあるスタッフが在籍している業者を選びたいものです。

福岡で好評な遺品整理業者を紹介☆

芦屋にある遺品整理業者を利用しよう